SAWAO VS YOUNG STER/CLUB QUATTRO

シュリスペイロフ/カミナリグモ/山中さわお


はい、定時で上がって行ってきました〜。
まあ、ソロだし、オルタナだし、あんまり聞きこめてないしで一段上がったところに。


まず最初にさわおさんの挨拶

さ「手にもっているのはウーロン茶だぞ」

そんな色のウーロン茶があるのかっ(笑)

さ「各地でライブをしているわけだが、今のところ連戦連敗なんじゃねーかと思って、これはイカンと顔をむくませようと飲ませたりしてるわけだが、やつら若いから全然むくまねえ!(笑)」


まずはシュリスペイロフ

いろんなジャンルの曲をやる感じで面白かったです。
時々リフがグッとくる。

MCは割とフワっとしてました。
物販を買って行ってくれると今日はいい漫喫に泊まれると言ってました(笑)
「ナイトパックなー」



2番手はカミナリグモ

”こわくない”と”ローカル線”だけは予習してたんですが2曲ともやってくれてよかった。
なかなかアグレッシブな鍵盤ですね、結構好き。

ボーカルのケイジ君が初めてピロウズを見たのがクアトロだったそうで、感慨深いという話。

そういわれてみれば昔というほど昔でもない昔、クアトロだっていっぱいにならなかったのに今じゃZeppでライブやって、ソロライブでクアトロにこんだけお客さんが集まるバンドになったんだなーと一段上がった場所から会場全体を見ながら思ったよ。

ケイジ君と同じころに私もピロウズデビューだったわー。

”ローカル線”のじゅんさんのコーラスが好き。


最後さわおさん

01. Music Creature
02. Texan Daily Life
03. Birthday

さ「俺は結構めんどくさいやつでシャツ1枚買うのにもいちいちこだわりがあって、もちろん血液型はB型だし(おい)買うのにメチャクチャ時間をかけて結局買えない、おかげで今日も着るシャツがなくて寒いです、という曲です」
というフリで新曲

04. 新曲

さ「若手に無茶ぶりのコーナー、シュリスのドラム(名前わかんない)、次のライブでこの曲ドラム叩いてもうらうから(新曲ね)よっく聞くように、LOVELOVELOVEもやったからな」

対バンの2バンドのカバーを。

さ「カミナリグモのケイジ君は高校生の頃にこの曲書いたんだって、昔から才能あふれる感じだったんだな]

さ「だいたい二人とかだとボケとツッコミとに分かれるじゃん、カミナリグモはドラムのクマちゃんもいれてボケ、ボケ、ボケだから、もうじゅんしかツッコミがいないんだ、福岡でのライブの時も、むくませなきゃいけないから飲みにいくじゃないか、餃子とかうどんとかがうまい居酒屋なんだけど、餃子を頼んだ時、若手だからゴマちゃんがみんなの分、小皿に醤油をいれてくんだけど、最後じゅんのスマートフォンに醤油かけたからね(笑)
じゅんがおいおいーってなってる時にゴマちゃんが「防水ですよね?だって防水ですよね」って・・・防水と不快感は別の話だから!もうじゅんが忙しくってな」

じゅんさんが「本当だよー」って野次ってた気が。

05.キミの気球(カミナリグモ)

さ「シュリスペイロフはFM802のイベントかなんかで初めて会ってCDもらったんだけど(覚えてないらしいが)べろべろに酔っぱらっていて「このCDがもしよかったら全力で潰すから」っていったらしい(覚えてないけど)」


06.レコード(シュリスペイロフ)

こっからじゅんさんとカミナリグモのドラムの人も参加

ドラムの人は体格のいい人なんですが、カミナリグモのサポートにもついてるじゅんさんが

じ「ゴマちゃんクマちゃんとダイエットの話をしてて」
さ「興味深いね」
じ「キャベツダイエットがいいんですよ、ご飯食べる前にキャベツ食べとくと・・・なんかダイエット的にいいみたいな・・・「いいんですよ〜」って話を(体格のいい)クマちゃんが(細い)ゴマちゃんにしてるんだよ!もう、逆!逆!!みたいな(笑)」
ク「でも5キロくらい落ちたんですよ・・・」

この辺でだったかさわおさんは機材を他のバンドに借りてやってるみたいなんですが(珍しいギター持ってるなと思った)カミナリグモのケイジ君のギターでやっていたんだけどエフェクターの音がおかしいみたいで、ずっと「なにかが起きている」と言っている。

さ「緑にならないとダメなのに赤いんだよ・・・ケイジ君、もう来て、機材自分で用意しない俺も悪いんだけど」

その後もなかなか来ないケイジ君を待ちつつ足元をいじっているんですがその間何回も「緑にならないと・・・」って言ってて、あまりに何回も言うのでみんなちょっと笑えて来てしまった

さ「しつこいですか?(笑)・・・全然こねーし、アイツ!!」

それからしばらくしてたらケイジ君登場。

ケ「スイマセン、お色直しをしてて・・・」
さ「いつもと仕様が変えてあるのはいやがらせか?俺たちがなんにもわからないみたいじゃないか(笑)」

ケイジ君がチョコチョコっといじったらすぐ直った(笑)

苦笑いするさわおさん

さ「とっとと帰れ(笑)」


さ「ヤングスターと一緒にやってるけどオールドスターの曲のカバーを」
といってビートルズのカバー。ここでもビートルズメジャーだから出来んだろ!と言っていた。

07. In My Life

ケイジ君も参加

08. Dawn Speech
09. Silver Moonlight

<EN>
さ「とっととやってとっとと帰ろう」

さ「若手のいいバンド見た後に酔っぱらた俺の曲聞いて、山中さわおこんなもんかと思っている人もいると思うんで最後くらいはビシッと決めたいと思う」

客「だいじょうぶー」

さ「実は大丈夫なのは知っ・て・る(どや顔)」

今ソロアルバムもほとんど出来、ピロウズのアルバムも7曲かな、出来てる。後2曲位いい感じの曲足してまたアルバムを作るとのことでした。

10. 持ち主のないギター(ピロウズ新曲を弾き語りで)


後どこぞでココイチの話もしてたな(ココイチの店員が滑舌の悪いやつだったんだけど(ハムの諸見里みたいな喋り方してた)辛さは普通って言ったら何度も聞き返されて「滑舌悪いのは俺じゃねえ!」と思ったという話とか。


てか、結構喋ってたのね(笑)

やっぱり終始ゆるく、お酒も絶えずでしたがいい夜でした。
楽しかった!!

JUGEMテーマ:LIVE

the pillows HORN AGAIN TOUR

 セットリスト

01 Limp tomorrow
02 MARCH OF THE GOD
03 Give me up
04 空中レジスター
05 Biography
06 Purple Apple
07 Moon is mine
08 Sad Fad Love
09 Comic Sonic
10 Nobody Knows What Blooms
11 オレンジ・フィルム・ガーデン
12 Lily,my sun
13 CARNIVAL
14 サード アイ
15 Brilliant Crown
16 EMERALD CITY
17 Movement
18 その未来は今
19 LITTLE BUSTERS
20 Doggie Howl

<EN>
TABASCO DISCO
YOUR ORDER

<EN2>
No Surrender

”No Surrender”の”どんなに悲しくても生き延びて又会おう”ととても力強く歌ってくれた。
本当になんなんだあの歌の持つ力ってやつは。

相変わらず楽しくてかっこよくてたまらないです。



さて、わさおという映画がありますね。

さ「わさおまだ観てないんだけど、わさおとコラボTシャツを作ることになりました」
何それ、すっげー欲しい(笑)
さ「わさおは撮影とかでも全然吠えないんだって・・・さわおはもう、吠えてばっかり(笑)」←この言い方がかわいかった。

この後に”カーニバル”のイントロがっ、テンションあがるなあ!!


ファンをコアな変わり者と呼ばわっといての”LITTLE BUSTERS”とか(笑)これで盛り上がるんだから本当に頭おかしいよな(褒めてます)


アンコールは会場限定CDの”TABASCO DISCO”
アルバムのカラーに合わなかったのでアルバムに入らなかったそうです。
さ「帰りに万引きしてってください」(コラコラ)

そして、ダブルアンコール

さ「想像を絶するような恐ろしいことが起こっているけど…元気でまた会おう」と言って”No Surrender”


ピロウズに出会えて本当によかったと思った。

ピロウズのスタンスって本当に素敵だよなー。


JUGEMテーマ:LIVE

the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06 "LOSTMAN GO TO BUDOKAN"/日本武道館

こんなタイトルだったのか(笑)


ピロウズの20周年をお祝いしに行って参りました。
まだまだファン暦は短いけれど心動かされるバンドに出会えるって素敵だ。

日本武道館に初めて行ったんだけどなんですか、独特ですよね。ここでやれるのはそりゃあ嬉しかろうとホッコリした。


とりあえずチケット

20090916102424.jpg



オフィシャルのバスツアーで行ったんですが、そのバスの中で特典としてピロウズからメッセージとかで、映像が流れたんですが(いきなり写らないというハプニングもありつつ)


メッセージとか言って結構喋ってた、とりとめもなく(笑)かなりなノープランでダラダラと酒飲みながら喋ってました。

20周年だからサプライズもあるよっていう話から

し「一曲目がね〜」

えーーー、そのサプライズ、いらねえっ!!(笑)

相変わらずしんちゃんが面白かった・・・。


20090917164027.jpg

後、キーホルダーとTシャツがつきました、サイズをSにしたんだけどでかかったわ・・・。
(圧縮してあったすぐに写真を撮ったので(←計画性がない)しわしわです)




会場到着。

とりあえずグッズ並んどく?と並んではみたもののありえないくらいの長蛇・・・・。
あんなに長いことならばされたのは初めてだ・・・。

もう一個同じくらいの大きさのブースを用意すべきだよ、あれは・・・。



結局開場に絶対間に合わないということで物販列から外れて開場を待つことに。あー、バスター君に結局遭遇できなかった・・・。


丁寧に丁寧に入れてるからか、ここでも時間を取られる(笑)待ってる間、少し喋ってた男の子が面白い子でした(笑)

結局会場入ったのが開演15分前くらい。クロークも並んでいる。これで荷物入れろとか鬼かっ!!
番号が早かったのでなんとか荷物を置けたのでそのまま開演待ち。




とりあえずセットリスト(もらいものですが)

01.Thank you,my twilight

02.MY FOOT

03.No Surrender

04.アナザーモーニング

05.Wake up! dodo

06.プロポーズ

07.スケアクロウ

08.New Animal

09.90's My Life

10.ぼくはかけら

11.ONE LIFE

12.1989

13.サリバンになりたい

14.Ladybird Girl

15.I know you

16.Funny Bunny

17.ストレンジカメレオン

18.サードアイ

19.この世の果てまで

20.その未来は今

21.雨上がりに見た幻

22.ハイブリッドレインボウ

<EN1>

01.Please Mr.Lostman

02.Swanky Street

<EN2>

01.Calvero

02.Ride On Shooting Star

03.LITTLE BUSTERS

<EN3>

01.Poison Rock'n'roll



サプライズがというわりにはとてもシンプルなステージだったと思う(他で派手なの慣れすぎなのかな?)映像がガンガン使ってあってそれは豪華でした。

曲をとにかくたくさんやってくれた。もっと古いのばっかりやるのかな?とか思ったけど最近のも余すことなくやってくれた感じ。



MCとしては相変わらずのさわお節かと思いきや(でも入りはやっぱり俺様)

さ「俺達は音楽の才能があるから(笑)みんながCD買ったりライブ来るのも当たり前で感謝なんかするわけないとか言ってみたかったけど感謝しないわけないだろっ!」

本当に鳴り止まない拍手が起きましたよ。


後、日本武道館というところは音楽やる場所として確かにひとつの到達点なのかもしれないとさわおさんのMCを聞いて思った。

さ「音楽業界の片隅で流行りもしない音楽を続けてきて、今ここに立って俺達は何かを成し遂げたかな?そうだったら、こんなに嬉しいことはない」

ってさあ、今もって成し遂げたかな?とか聞くかな?いつもはあんなに自信満々なのにね(笑)、成し遂げてないわけないじゃないか。そして私も心底嬉しい!!
そこからはじまる"この世の果てまで”、めちゃくちゃ染みた!!



完全に言葉が詰まっていたのに最後に「(泣きそうだったけど)ギリギリセーフだな」と言ってましたが、アウトですから(笑)完全アウトですからね(「俺もそう思う」って言ってたけど)
あれがセーフだったらアウトってなんだよ(笑)



とにかくなんだろう、会場にいる誰も彼もがもうお祝いモードで、とてもいい空間だったと思う。言葉にうまくすることが出来ないのであの時の半分も伝えられないけど本当にいい夜でした。


後、豪華と言えば関係者席がものすごい豪華だったよ(笑)

20090916215300.jpg




ライブ終了後は買えなかった物販に並びました。

グッズのダンボールまでバスター君(カワユス!)

20090916223902.jpg


狙っていたTシャツが完売していたので買う気なかった「オルタナすぎる(笑)Tシャツ」とタオルを買いました。



あーあ、終わっちゃった〜〜。




それからホテルへ帰って就寝。
思っていたより豪華なホテルでビビる(笑)

お風呂に入ってるときに携帯の充電が終わった音で友達をビビらせたりして夜も更けていきました。


私の旅にしてはめずらしく食べ物の話が出てきませんが(笑)だって食事はほとんどサービスエリアとかだしー。(あ、ホテルの朝食バイキングは美味しかったです、オムレツ、その場で焼いてくれるの)

最後くらいはということでサービスエリアで食べた栗のソフトクリーム

20090917132716.jpg

秋ですね〜。
結構栗でうまかった!!


あー、楽しかった!!!


JUGEMテーマ:LIVE
 

the pillows Wake up!TOUR 浜松FORCE

記憶がすでに曖昧…

久々に命の危険がある感じの番号でした(笑)押されに押されて淳さん側の3〜5列目を行ったりきたり。まあ、見えたり見えなかったりでしたがその位置でグータッチも出来たし文句ねーぜ。

20分押しくらいでスタート、神戸で声が全然出てなかったそうなので危ぶまれていたのかな?
体調不良は気迫とトークでカバー(後ろ間違い(笑))とばかりに力強い、楽しいライブでした。

セットリスト
Wake up! dodo/Skinny Blues/I know you/インスタントミュージック/プロポーズ
/空中レジスター/CARNIVAL/シリアス・プラン/プライベート・キングダム
/Midnight Down/Ladybird Girl/Like a lovesong(back to back)/MY FOOT/パトリシア/GIRLS DON'T CRY/YOUNGSTER(Kent Arrow)/ROCK'N'ROLL SINNERS/スケアクロウ
/Century Creepers/Sweet Baggy Days/<EN>Ride on shooting star/WAITING AT THE BUSSTOP

忘れかけてるので箇条書き

・ステロイドホルモン剤(曰く「覚せい剤」(笑))を打ってまで歌ってくれた、プロ意 識といえばそれまでだけどそれでもやっぱり嬉しいですね。
・「声が出ないから曲変えるけど、たぶんみんなの凄くすきな曲だ」と”パトリシア”、 ちゃんと色々考えてくれて、久々に聴けた”パトリシア”変わらずかわいい曲でした。
・位置的に"YOUNGSTER(Kent Arrow)"で手拍子など出来ませんでしたよ、私は…
・Peeちゃんは鰻が嫌い
・でも鰻屋で歓待(笑)
・淳さんがウナギ犬に似ているという話になった折に「似てる」「似てる」とざわついて いた客達が面白かった(似てるか?)
・さわおさんの今のお気に入りのキャバ嬢は淳さん(違っ)

いやいや、ライブの感想書けよって感じだけどこれが限界(笑)次はZeppですね〜♪

the pillows presents CHEMICAL BUMP SHOW !!  大須ELL

UNDER THE COUTER/怒髪天/the pillows

ものっそいい番号だったの、帰り際に届いたFaxは見なかったことにして定時でダッシュ。今日ばかりは開場時間についてなくちゃいけないのだ。頑張って、開場10分前に到着、今日は暖かかったから半袖率高いね〜。

ああ、もうこんないい位置でピロウズが見れるなんて!!

まずはさわおさんがご挨拶。UNDER THE COUTERのケンタロウ君とは飲み友達だそうです。益子さんとはもう20年くらいの付き合いでそうやって考えるとそのときケンタロウ君は4歳なんだな、って。わー、すごいなーそれ。

まずはUNDER THE COUTER、この前イベントで見たばかり、そのときはたんたんとやって終わりって感じだったから硬派なバンドだなー、とんがってんのかなーとか思ってたんだけど今回は割りと喋っててそしていい人でした。暗黒ケンタロウ君は(って自分で言ってたんだよ)ピロウズのコピーバンドやってたそうです、それは感無量ですね。

さわおさんとライブを観にいった後飲みに行って飲みすぎちゃってうずくまったりしてたらさわおさんが家に止めてくれることになった(客に「いいだろう〜」と自慢してました)まあ、礼儀として出してもらった布団をたたもうとしたらさわおさんに「いいから」って言われて「いや、でも」「いいって」「でも・・・」「俺の畳み方があるから(キッパリ)」言いそうー!!すごい、言いそう!!

で、怒髪天。私は初見、友達はファン。いやあー、面白いねー、増子さんは。あんな面白い人がねえ・・・(笑)ドラムの人(シミさん?)がかわいかった、癒し系・・・
ああー、怒髪天ね、うん、みんなが大好きな意味がわかりますよ、愛すべきバンドだよねー。曲とかフリとか色々分かったら楽しいのに。ダイバーだいましたよ、上から人が降って来ましたよ。
怒髪天の次回ワンマンのチケットを買うとピロウズのCDがついてくるらしいです。

で、ピロウズ。一番印象に残ってるのは増子さん最強伝説だけども(嘘)
Surf of Candy Stripper/Rosy Head/Rock'n Roll Sinners/Degeneration/I know you/スケアクロウ/日々のうた/新曲/サードアイ/GOOD DREAMS/<EN1>Calvero/LTTLE BUSTERS<EN2>Advice

”日々のうた”とかすっげー、よかった!!染みた〜。なんか”GOOD DREAM”とかいい曲だなーって、しみじみ思ったよ。
”スケアクロウ”は聴けば聴いただけいい曲ですね。バンドに向けての曲なのかー。
アンコールが楽しかった!!”Calvero”すごいかっこいい!!”リトバス”楽しすぎっ!!!
ツアーファイナルなのでWアンコール。幸せ〜

さわおさんがコンタクトを落としたり、それをPeeちゃんが探してあげてたり(結局「慣れてないから時間がかかる」ってはめなかったんだけど)ケンタロウ君が言ってた俺流の畳み方についていいわけ(笑)してみたり(たたむつーかバーにかけるみたいな感じで・・・最終的にはキレて「お前ら明日からひとりづつ泊まりにこい」そりゃ行きたい(笑))
増子伝説その1
いつもシャレを忘れない人で飲みに行ってヤクザと喧嘩になったんだよ、指がないヤクザに向かって「かかってこい、カニ!」って・・・(怖いって)
で、チューニングしてたんだけどどうしてももう一個増子最強伝説を話したくなったらしく「話していい?」(聞かなくても)てなわけで増子伝説その2
パンクバンド(ハードコアバンド?だっけ)で幅を利かせてる北海道の困った先輩っがいて、荒れてたんだよ(売り上げ盗んだり)で、そんな話をポロッと増子さんと飲んでる時に話したらそのときは「ふーん、そうかー」って言ってて、そしたら夜中二時くらいに車で増子さんが出かけていって、まあ別に気にかけるでもなくいたんだけど次その先輩にあったら「山中君、俺北海道いますぐ出てかなきゃならなくなったんだ」って・・・
怖いですよ、増子さん!!(笑)あんなに笑顔が素敵なのに凄いツメをお隠しになられている・・・本当に強い人なんだねー(色々と)
「俺、こんなに色々言って増子さんに怒られないかな・・・」とさわおさん。

九月の「Zeppライブよろしくです」ってスタッフの書置き(笑)「わかっていると思うが有り金はたいて友達全員連れて来い」無茶を承知ですか(笑)せいぜい宣伝しておきます〜。

やっぱりピロウズすげーわ、天才じゃなかろーか。思わず浜松行くことにしちゃうくらい楽しかった。

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

gremz

ネコ温度計

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ARABAKI
    幸 (08/30)
  • ARABAKI
    uri (08/29)
  • レインレイン・ボウ
    藍色 (09/17)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    幸 (02/02)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    めぐむ (02/01)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    幸 (01/29)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    めぐむ (01/29)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    幸 (01/28)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    めぐむ (01/27)
  • 「どうでもいい」とかそんな言葉で汚れた 心 今放て
    幸 (01/26)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

ひとがた流し
ひとがた流し (JUGEMレビュー »)
北村 薫
泣いたー。

recommend

recommend

Diver(初回生産限定盤)(DVD付)
Diver(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
NICO Touches the Walls,光村龍哉,Hajime Okano

このジャケットがメチャクチャかっこいい!

あ、もちろん曲も声も好きだよ。

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode