Schroder-Headz meets Sembello/名古屋Blue Note

シュンちゃんがブルーノート、しかもスカパラの沖さんとだなんて!!

行かない手はない、矢も盾もたまらずチケットを予約。

2回公演だったから月始めの忙しい時でも大丈夫!
てか、遅いけど。


というわけで3度目のBlue Note。

今回もアーティストカクテルがありました。

20130304210557.jpg

名前がツインテール。

オレンジと赤ワインのお酒ですって。
2色が(シュローダーとセンベロ)混ざり合ってどんな音楽を作るのか。

そして、今回千秋楽のため参加の谷中さんを表すレモン(笑)
最後、ステージで邦さんがこのカクテル飲んでたんですがその時はライムになってたけど。

私はお酒飲めないので友達のを撮らせてもらった。一口もらったけど甘くて飲みやすいかもです(後味はお酒だけどな)


最初はシュローダーヘッズからスタート(これ、当然だろうと思ってたけど他の会場ではセンベロが先だったこともあったそうです)

今回はピアノとドラムの二人編成。

やーーっぱりBlue Noteのピアノは音がいいんだわー。
ちょっと固めだけど、調律が行きとどいてそうな感じ(笑)

曲は一枚目のアルバムからが多めだったかな。

いえ、一曲目はいきなり新曲だったけど(笑)
新曲もかっこよかった。リリースされるといいなあ。

absence of absolutes、newdays、Soulful Strut辺り・・・をやったかなあ(うろ覚え(笑))

途中譜面をピアノの弦に入れちゃって出る音を楽しんでる一場面もあり、色々考えるなあ、あの人。



4曲やってSembelloを呼び込んで一緒にセッション

シュンちゃんがピアノで沖さんがキーボード。

最初にSembelloの曲、次に”T.V.G”をやりました。

シ「この曲、サックスのイメージで作った曲なんで嬉しいです、もうそれで演奏できないって思ったら明日からどうすればいいのかって思ってますよ」

邦「またやればいいじゃない!(きっぱり)」

邦さんはライブ中何度か「またこのメンバでやりたい」的なことを言ってくれてたので、嬉しかった(ぜひ!)
後、セッションの最中「シュンちゃん今日楽しそうだねー」とクニさんに言われてたのがなんか嬉しかった。


その後Sembello

クニさんが終始愉快な人で楽しかったです。

沖さん弾いてるの見るとシュンちゃん猫背だなって(笑)
沖さんの手の動きもどうなってんのっと私の中でちょっとしたパニックでした。

サックス奏者のクニさんが40の手習いでフルートを練習してるらしく、フルートでも一曲。
すごいバイタリティですね。

そして千秋楽なので谷中さんも参加。
豪華!!

谷中さんを呼び込む時クニさんがモノマネ(?)してて、苦笑しながら谷中さんが登場。
渋くていい絵面だ。

Sembelloの曲はサックスがある分余計ジャズっぽいですが、いろんな感じの曲があって面白かったです。


アンコールで全員登場。
Schroderと谷中さんはSembelloのTシャツを着てきました。

邦「いいTシャツ着てるねえ」

売上をSchroderと競ってるそうですが、圧倒的に負けてるらしいです。

カワイイもんね、SchroderのTシャツ。


ここでアーティストカクテルをステージで飲むという話に。
このくだり、毎回やるのかな(笑)

邦さんが紹介がてら飲んで、途中でシュンちゃんに。

シュンちゃんも少し飲んでピアノの上に置いてた(ちょっとハラハラした)

途中邦さんが避けてあげてた(←優しい)


全員のセッションはそれぞれ見せ場もちゃんとありかっこよかった!!
プロフェッショナルの集団だからスゴイしか言葉がないぜ(逃げた)


Schroderは前座的な感じなのかなって思ったけどガッツリ出演でこんな素晴らしい舞台はないと思いました。
もー、とても贅沢で潤沢な時間でした。

ぜひまたやってほしい!!





JUGEMテーマ:LIVE
 

トリオ・ダブル〜over the below〜

JUGEMテーマ:LIVE
20091227183149.jpg

20091227220221.jpg



Schroeder-Headz/南 博トリオ

ついにここまで来たかって感じですが(笑)代官山晴れたら空に豆まいてにて、シュンちゃん観に行ってきました〜

いやあ、行ってよかった、久々にシュンちゃん見たけど素晴らしかった。やっぱりシュローダーヘッズメチャクチャ好みだわ。

音楽ってすごいよね。
泣きそうになってしまった。

アンコールの南さんとのセッションは鳥肌ものでした。

また詳しく書けたら書きます。
どこかのレーベル様ー、シュローダーヘッズの音源出してー


※シュンちゃんのブログにセットリストが載っていたので


セットリスト(09/12/27晴れたら空に豆まいて)

1 another hero
2 No Sign
3 exodus
4 grahum
5 polka dots fish
6 for my ambivalence
7 micro cosmos
8 absence of absolutes
9 sleepin'bird
10 newdays


南さんとのセッションはホワイトクリスマス(だよね?)でした。

南さんがシュンちゃんのことを「渡辺君」と呼んでいるのが先生ぽくていいなあ(笑)

南さんの日記にも少し記載があったので抜粋

そして年末迫る27日,「晴れたら空に豆まいて」とい

うクラブで,ダブルトリオにて,ピアノを弾きました。対バンは昔の生徒。ずいぶん上手くなったな

あと思うと共に,こちらも、鈴木正人,芳垣安洋という布陣で,仕事納めをバシッと決めて,後は打

ち合せだの来年の仕事の準備などしていたら、新年に成ったという次第。



   http://www.graphic-art.com/minami/index2.html

「渡辺君、上手くなったね」とはライブでも言ってましたね。
人間はいくつになっても勉強ですね。

COMFORTABLE SOUND GARDEN/ZEPP OSAKA

渡辺シュンスケ/SAKURA/SpinnaB-ILL/広沢タダシ/斎藤誠

DVC30150_M.jpg

大阪くんだりまでシュンちゃんを見に行ってきました(末期)行って悔いなし。よく頑張ったし、とても嬉しかった。

大阪のドタバタはまたほかで書くとして(書くかなあ・・・)とりあえずライブの話など。

ドタバタとコスモスクエアの駅に降り立つ。初めてくる〜、とか思ったけどCDJで来ましたね、私(笑)

指定席だったので開演時間までに着席。ナゲットやらお菓子やらの入ったバスケットをおつまみとしていただく。ポテトチップス久々に食べたわ〜。
前方にテーブル席、一段上がったところが椅子席でした。私はテーブル席の一番後ろだった。

機材の感じから一番手がシュンちゃんぽいなって思ったらその通りでした。

渡辺シュンスケ

両手を挙げながら(特にSEなどはなく)登場。白シャツ黒ネクタイ(眼福)髪が長い。

いきなりピアノを叩きつけるように鳴らして始まり(リアルに隣の人がビックリしてました)
「僕のこと初めて見る人ばっかりだと思いますけど実はソロで大阪に来たのが今日が初めてで、初めてでこんな広い会場で・・・(笑)これから大阪にもたくさん来たいと思います」とご挨拶。

”背番号”の歌前で
「最近日本人も海外とかで活躍してるじゃないですか、僕もカ、カップラーメン(噛んだ)とか食べながら「イチローすげーなー」とか思いながら書いた曲・・・かもしれない曲です」
どないやねん。

「ソロのライブは決まってないんですけど5月に京都で銭湯でライブやります、」
場内がざわついていました(笑)
「詳細はまだ未定ですが、迷わず女湯でって言っておきました」

「春の歌を」といってやった曲がキレイだった。新曲の”ミラーボール”という曲で会場では本当にミラーボールが回っていたよ。

ひとりのシュンちゃんは弾いてる時以外は割と空回ってましたが(笑)頑張ってた、頑張ってたと思うよ!!
最後に「セイ、ホー」と無茶ブリしていた(笑)

なんかいろんなものが伝わるといいのにって思いました。

※シュンちゃんブログにセットリストが載っていたので。
1. for my ambivialence
2. tear of joy
3. 背番号
4. さらばブルーデイズ
5. ミラーボール 


他の方々も個性豊かで面白かったです。

SAKURA
かわいらしいひとでした。春らしいドレスでキレイな声で歌い上げてました。アンコールで子供に「SAKURAちゃーん」って呼ばれてた(カワイイ!)

SpinnaB-ILL
今回一組のみバンドで出演、ブルース?レゲエ?ヒップホプ??ジャンルがイマイチつかめない、キャラもつかめない(笑)感じの人でした、面白かった。

広沢タダシ

一回見てみたかったので今回見れてよかった。
今回はひとりでアコースティックで登場。いい声でいいギターでいい曲でした。

デビュー曲をと歌いだし、終わりごろ歌詞がめちゃくちゃになってきたと途中で止めてやり直し。
「俺、何回この曲歌ってんねん、会場がアカデミー賞みたいで緊張しちゃって」

次の曲か、次の次の曲かでのギターソロで突然「失礼」と少し弾きなおしたりしていましたが、すごいよかったと思います。(後で斎藤誠さんにさんざんいじられていましたが)

その後、斎藤さんを呼び込んで二人でセッション。
斎「広沢君、突然怒り出したから(さっきのギターがちょっと荒々しく聞こえたから?)ここ来るの嫌でさー、いきなり殴られたらどうしようかと・・・」

二人のセッションはとてもよかった。

斎藤誠

素敵な面白いおじさんでした(笑)歌うと渋いのに、話すと愛すべき人だった。
「アンコールっていう便利なシステムが日本にはあるから!!今日出てくれた人全員で出るから」と催促。

アンコールはおっしゃる通りみんなでセッション、ディランの曲と”見上げてごらん夜の星を”でした。

斎「楽屋で何が嬉しかったってSAKURAちゃんが「今日ドレスどっちがいいかなあー」って言って2着見せてくれて俺が選んだほうを着てくれたことです。もう一着は黒のシックなドレスでね」
私はそっちも見たかったですが。

斎「渡辺君とは今日が初めてで」
渡「よろしくお願いします、僕さっき楽屋で鼻血を出しました(笑)
斎「みんないろんなところで怒ってるんだよ」
広「引っ張りますね!!」

「渡辺君これからもよろしくね」
ウン、ウンみたいに首を振るシュンちゃん。
「僕みたいなタイプ嫌いでしょ」
条件反射的に首振っちゃうシュンちゃん(笑)

物販にシュンちゃんがいたのですでにもっているCDをまた買い(笑)サインしてもらった!ついでにカフェタンも描いてもらいました。シュンちゃんは出来にご満悦だった(笑)
080302_235352_M.jpg
少し、話して握手もしてもらっちゃった♪

髪が長いのはいつもやってもらってる美容師が連絡つかなくなったとか(笑)ケミストリーで(今年もつくということかな?)あくことが多いのでピアノを引きたくなってこういうイベントに出るとか(今、スケジュールを調整中らしいです)色々話してたのを盗み聞いていました。

JUGEMテーマ:LIVE



チャーリーを思い出す

20051024_22243.jpg
タワレコ近鉄passe店のcafelonコメント〜

うまく読めるかな?

シュンちゃん「率いる」がわかんなくなっちゃったんだね(笑)

cafelon&→SCHOOL← Wレコ発ツアー ell.FITS ALL

もう何から書いていいのやら・・・楽しかった、本当に(って毎回同じような書き出しだけどさ)初めてのcafelonライブはめちゃくちゃ思い出深いものになりました、だってシュンちゃんにステージ上から話しかけられたんだよ!!cafelon初心者なのに最前にいてニヤニヤしてる私には非常に心臓飛び出すくらいの衝撃・・・。嬉しかった・・・(使い切ったな12年に一度の幸運期)キョドってすいません、本当に自分のヘタレっぷりに凹むわ!!
シュンちゃんが「“No More Humore”買ってくれた人〜」って聞くので「はーい」と手を挙げる自分、また「それ聞いて今日初めてcafelonのライブ来てくれた人」「はーい」・・・「おー、結構いるー(嬉しそう)」と辺りを見渡す・・・あ、こっちの方見た(いい男〜)なんか見てる(?)「cafelonはどうだった?」えええええぇぇぇぇっ!!!キョドりますから、パニくりますから!!!とりあえずぼそりと「よ、よかったです」としか答えられない・・・ああ、心臓が。「最高だろう」とシュンちゃん。もう本当、最高っす!!
そんなアクシデント(ハプニングだ、ハプニング)がありつつ、ライブはねー、もう高だったね!!シュンちゃんの鍵盤のうまさにただただ興奮状態、ひかるさんも壱くんもノリピーさんも本当たのしそうだったし、ゆっきーさんんはイケメンだったし、メンバーと仲良さそうだし、音楽ってこういうものだよなって実感しました、本当なんか衝撃的に楽しかった。
”メランコリック・カフェ”の転調する部分でフライング気味に拍手しちゃったお客さんにシュンちゃんがチチチって人差し指を左右に振る(わかりづらい)動作をしててなんか優しさを感じた。そしてときめいた(きゅうん)

その後は→SCHOOL←、すごい名古屋弁だなあ(笑)私は物販前の自販機で暖を取っていたのですが(おい)物販ブースに座ってる壱君が寝てるのが気になってしょうがなかったよ、シュンちゃんヤジってたし(笑)
Cafelonと→SCHOOL←の共同コラボ缶バッチをシュンちゃんからもらって帰りました、サインとかガンガンしてた、私もCD持ってけばよかった〜
本当、楽しかった!!またcafelonのライブ見たいです!!!


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

gremz

ネコ温度計

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ARABAKI
    幸 (08/30)
  • ARABAKI
    uri (08/29)
  • レインレイン・ボウ
    藍色 (09/17)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    幸 (02/02)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    めぐむ (02/01)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    幸 (01/29)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    めぐむ (01/29)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    幸 (01/28)
  • SUNEOHAIR LIVE TOUR 08-09「バースデー」/名古屋クラブ・ダイアモンドホール
    めぐむ (01/27)
  • 「どうでもいい」とかそんな言葉で汚れた 心 今放て
    幸 (01/26)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

ひとがた流し
ひとがた流し (JUGEMレビュー »)
北村 薫
泣いたー。

recommend

recommend

Diver(初回生産限定盤)(DVD付)
Diver(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
NICO Touches the Walls,光村龍哉,Hajime Okano

このジャケットがメチャクチャかっこいい!

あ、もちろん曲も声も好きだよ。

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode